ハウスメーカー比較

【最新版】ハウスメーカーを徹底比較!それぞれの特徴を比較表にまとめました

2021年6月29日

家を建てようと考えた時、まずはハウスメーカーを探すことから始まるでしょう。

しかし、ハウスメーカーは何十社もあるため「どこを選べばいいのかわからない!」なんてことありますよね。

家づくりが成功するか否かは、ハウスメーカーにかかっています。ハウスメーカー選びから間違えてしまうと、満足のできる家を建てられない可能性も。

そのため、まずは各ハウスメーカーの特徴を徹底的に比較することが大切です!

そうすることで、自分に合うハウスメーカーが見つかりやすくなるでしょう。

今回はハウスメーカーを徹底比較し、それぞれの特徴を比較表にまとめました。


家づくりを失敗しないために一番重要なことは「知識を付けること」

カタログ請求することで「情報収集」を効率的に進められます。

しっかり比較検討したいけど時間がない…でも失敗したくない…

という方はまずはカタログ請求!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

✔完全無料で3分で申し込み!
✔オリジナルの間取り作成
✔効率よく情報収集

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

ハウスメーカーをわかりやすく比較表にまとめました

国内ハウスメーカーは何十社もあるなかで、一から選ぶのは大変です。参考になるよう比較表にまとめました。

表の最後「詳しく見る」から各ハウスメーカーの詳しい記事へ飛べます。

ハウスメーカー名坪単価年間着工棟数特徴対応エリア詳しく見る
住友不動産40~60万円・高品質
・地震に強い
・セールスエンジニア制度
北海道から九州までの全国住友不動産
ユニバーサルホーム40~55万円・床暖房が標準
・高性能ALC外壁
・品質の高いローコスト
フランチャイズ方式の全国展開ユニバーサルホーム
クレバリーホーム40~65万円・外壁タイルが標準
・優れたメンテナンス性
・耐傷性に優れている
フランチャイズ方式の全国展開クレバリーホーム
トヨタホーム40~90万円約3,600件・耐震性に優れた家
・安定の高品質
・防犯対策
名古屋市を中心とした関東圏トヨタホーム
パナソニックホームズ60~100万円約3,800件・地震に強い
・全館空調「エアロハス」
・キラテックタイル外壁
北海道・東北の一部を除く全国パナソニックホームズ
三井ホーム70〜100万円約3,700件・地震に強い木造住宅
・スマートブリーズ
・ハイセンスな家づくり
秋田県・沖縄県を除く全国三井ホーム
ヘーベルハウス70〜100万円約9.100件・ヘーベル建材を使用
・狭小地でもOK
・長く安全に住み続けられる
関東から九州まで。
東北・北海道などの寒冷地は未対応
へーベルハウス
桧家住宅40万~60万円約1.300件・新時代冷暖システム「Z空調」
・Wバリア工法
・独自の料金システム
東北から九州桧家住宅
スウェーデンハウス80万円~100万円約1.800件・100年住み続けられる家づくり
・トリプルガラスの木製窓枠
・暖かい家づくり
沖縄を除く全国スウェーデンハウス
積水ハウス80万~100万円約10.000件・低別自由設計
・技術力が高い家づくり
・充実のアフターサービス
沖縄を除く全国積水ハウス
ミサワホーム70万~80万円約6.500件・蔵のある注文住宅
・デザイン性
・災害に対する備え
沖縄を除く全国ミサワホーム
タマホーム30万~50万円約12.000件・低価格で品質は良い
・20代で建てられる家づくり
・住宅性能にこだわる
北海道から沖縄まで全国タマホーム
住友林業70万円~90万円約7.800件・頑丈な木の家
・ビッグフレーム構造
・60年の長期保証
沖縄を除く全国住友林業
ダイワハウス50~80万円約8,000件・業界トップクラスの初期保証
・あらゆる分野のプロが細分化
・耐震システム
北海道から沖縄まで全国ダイワハウス
一条工務店45万円~80万円約14,000件・全棟「長期優良住宅」
・全館床暖房が標準
・免震住宅シェアNo.1
沖縄を除く全国一条工務店

ここからは、これら人気のハウスメーカー10社の特徴や評判などを、完結かつ分かりやすく紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

三井ホーム

【概要・特徴】

  • 坪単価:70〜100万円
  • 高級感があり性能・デザインともに優れている

三井ホームの坪単価は70万~100万円と開きがあります。その理由には、三井ホームでは規格住宅・準規格住宅・自由設計住宅の3つに分かれており、商品毎に価格が変わるから。なかでも、自由設計住宅を選ぶと坪単価が上がりやすい傾向にあります。

また三井ホームは、全館空調システム「スマートブリーズ」に定評があります。

全館空調システム「スマートブリーズ」は、1台で家じゅうどこでも換気・温度設定が可能。スマートブリーズを目的に三井ホームを選ぶ人もいるほど人気があります。

【評判の総評】

  • 営業担当のなかには提案力が乏しく、対応の悪い人もいる
  • インテリアコーディネーターのアドバイスのもとハイセンスな家にしてくれる
  • 三井ホームは高価ではあるが、その分住み心地がいい

三井ホームはハイセンスがありながらも性能にも優れており、人気のハウスメーカーです。しかし、値段が高いのがネックで三井ホームを諦めてしまう人もなかにはいます。

ヘーベルハウス

【概要・特徴】

  • 坪単価:70〜100万円
  • 狭小地でも建てられる

ヘーベルハウスの坪単価は、70〜100万円程度。オプションなどを含めると坪単価100万円越えをすることがよくあるそうです。

また、ヘーベルハウスの家は、狭小地でも建てられる技術があるため、都心部でも対応してもらえます。

他のハウスメーカーだと土地が狭かったり密集地に建てる場合は、制約によりが断られることがあります。しかし、ヘーベルハウスは狭小地など比較的難しいところでも家を建てられます。

【評判の総評】

  • 頑丈な家を建てるが、なかには数年で設備に不備が起こることもある
  • 営業や設計士はレベルが高く熱心だが、人によってはそれを不快に感じることも
  • 災害に強く、アフターフォローも良いので安心して暮らせる

ヘーベルハウスの家はとにかく頑丈と定評があります。どんな災害にも耐え抜く家を建てるので、安心して暮らしたいという人にはヘーベルハウスがいいでしょう。

桧家住宅

【概要・特徴】

  • 坪単価:40万~60万円
  • Z空調が人気

桧家住宅の坪単価は、ハウスメーカーの中でも中間クラスの価格帯で、コスパが良いハウスメーカーとしても有名。

また、値段交渉も応じてくれやすいようで交渉次第では、大幅に値引きをしてくれることもあるそうです。

桧家住宅を選ぶ人のほとんどが「Z空調」を目的に。

Z空調とは全館空調システムのことを言いますが、Z空調だけで全ての部屋の温度調整をし、家中どこでも室温を一定にします。

【評判の総評】

  • 店舗にもよるが営業の対応が悪い
  • 桧家住宅は住みやすいが、なかには不具合が起こる家もある
  • Z空調は光熱費の節約になる

桧家住宅は数あるハウスメーカーの中でもコスパが良いと言われます。というのも、値段の割に良い設備を提供してくれるから。また、Z空調は光熱費の節約にもなります。

スウェーデンハウス

【概要・特徴】

  • 坪単価:80万円~100万円
  • 断熱性に優れた家

スウェーデンハウスの坪単価は80万円~100万円程度。数あるハウスメーカーの中でも高級住宅に分類されます。

日本の平均坪数は38坪といわれていますが、例えば坪単価90万円で建てた場合、建物代だけで3,500万円程度必要になるでしょう。

また、スウェーデンハウスは、厳寒のスウェーデンでも耐え忍ぶほどの断熱性能に優れています。

スウェーデンハウスは厳しい寒さの地域でも「暖かい家」として定評があり、とくに東北から北海道にかけて人気のあるハウスメーカーです。

【評判の総評】

  • 木造だからか数年で家の一部が腐るなんてことも
  • アフターメンテナンスが手厚く、対応が良い
  • おしゃれで暖かいので暮らしやすい

スウェーデンハウスは高級住宅ということもあり、アフターメンテナンスが手厚く安心して長く暮らせます。また、スウェーデンハウスの魅力といえば、なんといっても北欧風デザインの家です。

積水ハウス

【概要・特徴】

  • 坪単価:80万~100万円
  • 耐震性に優れた家

積水ハウスの坪単価80万~100万円は高級住宅に分類されます。

しかし、積水ハウスの建てる家は、デザイン性や品質が優れているからこの価格になるようです。

積水ハウスは、技術力の高い家づくりにこだわっていますが、とくに高強度・耐震性と圧倒的な設計の自由度を兼ね備えたオリジナル構法が魅力といえます。

【評判の総評】

  • アフターサービスが一定の時期から有償になったが、対応は早い
  • 高級感のある家が特徴だが、設備に不備がある場合も
  • 耐震性に強く安心して暮らせる家をつくる

積水ハウスは知名度が高いハウスメーカーです。また地震に強い家を建てることでも定評があり、国内で多くの人が積水ハウスを選ぶのには、耐震性の高さがあるでしょう。

ミサワホーム

【概要・特徴】

  • 坪単価:70万~80万円
  • 蔵のある家

ミサワホームの坪単価は70万~80万円程度と高めですが、さらにミサワホームが力を入れている太陽光発電システムを付けると、値段がグンと上がるので注意が必要。

また、ミサワホームといえば「蔵のある家」。この「蔵」というのは大収納空間のことを言いますが、「一つの部屋」と言っていいほど広いのが特徴です。

大収納空間は、他のハウスメーカーでも取り入れているところがありますが、それでもミサワホームの収納面やクオリティの高さはには勝てません。

【評判の総評】

  • 店舗によっては対応が悪く、アフターサービスもまともに受けられないこともある
  • 耐震性のある良い家をつくるが、中には住んでいるうちに欠陥が見つかることがある
  • 値段は高いが、お洒落で人から憧れられるような家をつくる

ミサワホームはシックなモダンな家を建てます。また、大収納空間があることにより大家族でも安心して暮らせます。

タマホーム

【概要・特徴】

  • 坪単価:30万~50万円
  • 20代で家を買える価格設定

タマホームの坪単価は30万~50万円程度と、大手ハウスメーカーの中でも群を抜いて安いです。

そのため、タマホームの家づくりは「20代で家を建てる」をコンセプトにしています。

20代といえば、家を持つにはまだ金銭的に余裕がない時期。しかし、タマホームはその年代でも家を建てられるように価格を抑えて販売しています。

【評判の総評】

  • 営業店によっては、アフターサービスが悪く不快に感じることがある
  • 低価格だからといって必ず欠陥住宅にあたるわけではない
  • 低価格でも決して品質が悪いわけではない

タマホームは低価格なので品質に不安を感じるかも知れませんが、そんなことはないようです。

高級住宅に分類されるハウスメーカーに比べるとアフターフォローなどは劣りますが、家の品質自体は悪いものではありません。

住友林業

【概要・特徴】

  • 坪単価:70万円~90万円
  • 丈夫な木造住宅を建てる

住友林業の坪単価は70万円~90万円程度。頑丈な木造住宅を建てるということもあり、高い価格設定といえます。

また住友林業の大きな特徴として、木へのこだわり。他のハウスメーカーでも木造住宅を建てますが、木の品質の良さは住友林業に敵いません。

それは見た目の良さだけではなく、木造住宅なのに丈夫という点も評価されています。

【評判の総評】

  • 営業担当やアフターサービスの連携が上手くとれないことがある
  • 住友林業の家は図面から力を入れているので完成のイメージがしやすい
  • 木造でモダンな高級感のある家を建てるが、その分価格が高い

モダンでおしゃれな木造住宅といえば、住友林業でしょう。一部、営業担当を除いては対応が良いと言われることが多いです。

ダイワハウス

【概要・特徴】

  • 坪単価:50~80万円
  • トリプルコンバインドシステムが強い地震でも耐え抜く

ダイワハウスの坪価格50~80万円で高めではありますが、比較的値引き交渉には応じてくれやすいようです。

またダイワハウスの家は、震度7クラスの地震に耐えられるほど耐震性に優れています。それには、トリプルコンバインドシステム設計があるから。

トリプルコンバインドシステムにより、地震の縦横のどちらの揺れに対しても、強い柱と耐力パネルが受け止め地震から家を守ります。

【評判の総評】

  • 他のハウスメーカーよりも坪単価が高いが、外観や内観に高級感があり値段相応
  • ダイワハウスの家の特徴の「天井が高い」は住む人にとって良くも悪くもなる
  • 不備が見つかることはあるが、その後のアフターフォローはしっかりしている

地震に強いダイワハウスですが、天井が高い家造りを得意としています。開放感があり耐震性にも優れている家に住みたい人にはダイワハウスがいいでしょう。

一条工務店

【概要・特徴】

  • 坪単価:45万円~80万円
  • 「i-smart」シリーズの全館床暖房が人気

一条工務店の坪単価は45万~80万程度。価格にこれだけの開きがあるのには、設備にオプションを付け加えることで価格が上かりやすいから。

近年、一条工務店が急激に人気が出たのは「全館床暖房」のおかげと言っても過言ではないでしょう。しかしこの全館床暖房システムは、「i-smart」シリーズだけ。

そのため、一条工務店で家を建てる人のほとんどは「i-smart」を選ぶようです。

【評判の総評】

  • アフターフォローは営業担当や販売店によって異なる
  • 一条工務店の基本設定されている設備は、利用する人にとっては良くも悪くもなる
  • 建物がしっかりしているので安心して住める

一条工務店は全館床暖房システムがあることにより、寒い地域に人気のあるハウスメーカーです。また、建物自体も頑丈と定評があります。

ハウスメーカーの失敗しない選び方3選

多くの人にとって家を建てるのは、一生に一度。ですから、家づくりで失敗なんて論外で、素敵な家を建てたいと誰もが思うことでしょう。

それには、信頼できる良いハウスメーカーに出会うことが大切。

ここからは、ハウスメーカーの失敗しない選び方を3つ紹介します!

信頼性や評判をチェック

ハウスメーカーの信頼性や評判は以下の点をチェックしましょう。

  • 営業担当の対応や知識
  • 年間着工件数
  • 実際に住んでいる人の口コミ

これらは数あるハウスメーカーを選ぶ際の重要ポイントです。

この中でも、営業担当の存在は家を建てるとなると切っては切れない存在。営業担当の対応が悪かったり、知識がない人が当たってしまうと、素敵な家が遠のいてしまいます。

そのため、ハウスメーカーの評判や口コミは重要な役割を果たします。

また、ハウスメーカーが信頼性があるかどうかは、年間着工件数からも伺えます。当然、年間着工件数は多いほうが、多くの人が利用しており技術力が高いと判断できるため、安心して任せることができるでしょう。

相見積もりで必ず比較

相見積もりの目的は、複数のハウスメーカーから同じ内容で見積もりをもらい比較検討します。

相見積もりの最大のメリットは、自分に適した見積額・プラン・設計図を比較できること。その中でも、とくに見るところは、「見積額(坪単価)」です。

坪単価の違いは以下のように分類されます。

  • ローコスト住宅:30万円〜50万円
  • 中間住宅:50万円〜70万円
  • 高級住宅:70万円〜

これらを目安にし、見積書で比較検討します。

また基本的には、気になっている全てのハウスメーカーから見積もり書をもらいましょう。そのほうが、価格が安いのか高いのか判断しやすいから。

また、見積もり書の依頼のコツとしては、予算と家づくりをするにあたり絶対かかせないことだけは先に伝え、あとはハウスメーカーにお任する方法。

この方法であれば、ハウスメーカーの個性がわかり、思いつかなかったプランなども提案してくれやすいです。

資料請求で事前に知識をつけておく

相見積もりする前に、資料請求をし事前にそのハウスメーカーの知識をつけておくことも大切。

ハウスメーカーの特徴やこだわりを知ることは、家づくりをするのに欠かせません。それを知っておくことで、自分がそのハウスメーカーに合うのか合わないのかを判断できます。

そのため、必ず各ハウスメーカーに資料請求をしましょう。

資料請求の方法としては、1件1件ハウスメーカーに依頼するやり方と、一括請求をするやり方があります。

当然、複数のハウスメーカーに依頼するのであれば、一括請求のほうがいいでしょう。

その際には、タウンライフがおすすめです。

タウンライフでは、住宅メーカーの以下の内容を一括請求することが可能。

  • カタログ
  • 設計図
  • プランニング
  • 見積もり書

そのため、これから家を建てと考えている人はタウンライフで資料請求をすることから始めてみましょう。

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

ハウスメーカー徹底比較のまとめ

今回は、ハウスメーカーを徹底比較しました!

ハウスメーカー名坪単価年間着工棟数特徴対応エリア詳しく見る
住友不動産40~60万円・高品質
・地震に強い
・セールスエンジニア制度
北海道から九州までの全国住友不動産
ユニバーサルホーム40~55万円・床暖房が標準
・高性能ALC外壁
・品質の高いローコスト
フランチャイズ方式の全国展開ユニバーサルホーム
クレバリーホーム40~65万円・外壁タイルが標準
・優れたメンテナンス性
・耐傷性に優れている
フランチャイズ方式の全国展開クレバリーホーム
トヨタホーム40~90万円約3,600件・耐震性に優れた家
・安定の高品質
・防犯対策
名古屋市を中心とした関東圏トヨタホーム
パナソニックホームズ60~100万円約3,800件・地震に強い
・全館空調「エアロハス」
・キラテックタイル外壁
北海道・東北の一部を除く全国パナソニックホームズ
三井ホーム70〜100万円約3,700件・地震に強い木造住宅
・スマートブリーズ
・ハイセンスな家づくり
秋田県・沖縄県を除く全国三井ホーム
ヘーベルハウス70〜100万円約9.100件・ヘーベル建材を使用
・狭小地でもOK
・長く安全に住み続けられる
関東から九州まで。
東北・北海道などの寒冷地は未対応
へーベルハウス
桧家住宅40万~60万円約1.300件・新時代冷暖システム「Z空調」
・Wバリア工法
・独自の料金システム
東北から九州桧家住宅
スウェーデンハウス80万円~100万円約1.800件・100年住み続けられる家づくり
・トリプルガラスの木製窓枠
・暖かい家づくり
沖縄を除く全国スウェーデンハウス
積水ハウス80万~100万円約10.000件・低別自由設計
・技術力が高い家づくり
・充実のアフターサービス
沖縄を除く全国積水ハウス
ミサワホーム70万~80万円約6.500件・蔵のある注文住宅
・デザイン性
・災害に対する備え
沖縄を除く全国ミサワホーム
タマホーム30万~50万円約12.000件・低価格で品質は良い
・20代で建てられる家づくり
・住宅性能にこだわる
北海道から沖縄まで全国タマホーム
住友林業70万円~90万円約7.800件・頑丈な木の家
・ビッグフレーム構造
・60年の長期保証
沖縄を除く全国住友林業
ダイワハウス50~80万円約8,000件・業界トップクラスの初期保証
・あらゆる分野のプロが細分化
・耐震システム
北海道から沖縄まで全国ダイワハウス
一条工務店45万円~80万円約14,000件・全棟「長期優良住宅」
・全館床暖房が標準
・免震住宅シェアNo.1
沖縄を除く全国一条工務店

良い家を建てるならハウスメーカーを慎重に選ぶべきです。そのためには、各ハウスメーカーの特徴を比較することが大切。

また、忙しい人でも各ハウスメーカーの資料請求を簡単に行うには「タウンライフ」を利用するのがおすすめ。ハウスメーカー選びに失敗しないために必要な、相見積もりが簡単にできちゃいます。

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

無料で試せる家づくり成功の秘訣!

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

最初にすべき行動は次のうちどれだと思いますか?

  • 住宅展示場へ行く
  • ネットでハウスメーカーの口コミを見る
  • どんな家にするか、一人で考える 

実はどの行動もNGなんです!

いきなり住宅展示場に行くべきではない理由はこちら。

  • 1軒見て周るのに1時間以上かかる
  • 無知な状態で行くと営業トークに惑わされる
  • 豪華なオプションばかりで予算オーバーになりがち

なんとなく入ったハウスメーカーでも、営業は逃しません。

家族構成、いつ頃購入予定なのか、年収、、など毎回どのハウスメーカーに言っても聞かれますし、

アンケートも毎回書かないといけません。そして1時間以上話を聞くことに。

特に小さい子どもを連れてのハウスメーカー探しはかなり時間と労力を無駄にします…

最初にネットで口コミを見るのも避けた方がいいでしょう。

何も知識がないうちに悪い口コミを見てしまうと、それが正しいのか判断できなくなりますよね。

ネット上の口コミは正確ではないものも多いため、安易に信用するのもよくありません。

また、どんな家にするか考えるのはとても大切ですが一人で考えてはいけません!

マイホームは家族で住むもの。配偶者の意見を聞かず自分のイメージだけで考えてしまうと打ち合わせで意見が合わず喧嘩になることも…

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】がマイホーム成功のカギ

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」なんです。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

電話営業が嫌な方はその他の備考欄に「電話NG」と記載すればOK!

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

リンク先:タウンライフ公式サイト

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ!

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

-ハウスメーカー比較