家×お金

初めての住宅ローン控除!初年度に受けるための必要書類は?知らないと損!

初めての住宅ローン控除!初年度に受けるための必要書類は?知らないと損!

マイホームを購入したら住宅ローン控除が受けれます!

しかし、初年度は自分で確定申をしないと控除は受けれません。

確定申告って難しそう…と身構えてしまいがちですが、

必要書類さえ揃えておけば後は書くだけなので早めに必要書類を準備しておきましょう!

知らないとかなり損するので、

初めて確定申告をする方でもわかりやすいよう、かみ砕いて説明します。

住宅ローンを組む前に無料FP相談を!
  1. メリット①:無料で相談できる
  2. メリット②:独立した立場でアドバイス(勧誘がない)
  3. メリット③:無理のない予算を考えてくれる

\簡単web申し込み/

今すぐFP無料相談の詳細をチェック!

スマホから1分で申し込み可能!

住宅ローン控除ってそもそも何?

住宅ローン控除とは?

そもそも住宅ローン控除とはマイホームを購入した方が申請できる制度。

簡単にいうと税金が還ってくるお得な制度です!

マイホームを購入後、10年間毎年控除が受けれます。(消費税10%で購入した方は13年間)

難しいことは省きますが、数ある節税の中で住宅ローン控除はかなりの節税効果があるんです!

なのでマイホーム購入したら住宅ローン控除を受けないと損することになりますよ。

 

住宅ローン控除が受けれる条件とは?

住宅ローン控除が受けれる条件

  • 控除を受ける年の所得が3000万円以下
  • 住宅ローンを組んでいること
  • 返済期間が10年以上
  • 登記簿面積(内法)が50平方メートル以上
  • 6カ月以内に入居して引き続き住み続けること

住宅ローン控除を受けるにはいくつかの条件があります。

ほとんどの方は当てはまると思うので自宅が対象か確認しておきましょう。

 

住宅ローン控除でいくら戻ってくるの?

住宅ローン控除の計算方法は、

その年の年末の住宅ローン残高×1%

例えば、住宅ローン残高4000万円なら40万円戻ってきます!

住宅ローンは1000万円単位で組むかたが多いと思うので、1%という額はかなりの高額ですよね。

これが10年or13年受けれる制度なので数百万単位で戻ってくる計算に!

 

住宅ローン控除を受けるために初年度に必要な書類はなにがある?

住宅ローン控除を受けるにはいくつかの必要書類の準備が必要です。

聞きなれない言葉が多いので億劫になりがちですが、数百万円戻ってくるので頑張って準備しましょう!

確定申告をするために準備しておく書類

準備する書類 入手先
1.住民票の写しorマイナンバーカード 市役所等で入手
2.建物・土地の登記事項証明書 購入時に司法書士からもらってるはず。
なければ法務局で入手
3.建物・土地の不動産売買契約書の写し 購入時に不動産屋からもらっている
4.源泉徴収票 職場
5.住宅ローンの残高証明書 住宅ローンの金融機関から郵送で届く
6.認定長期優良住宅証明書(長期優良住宅の方のみ必要) 購入時に不動産屋からもらっている

マイナンバーカードを持っている方は住民票の写しは不要です。

持っていない方はマイナンバーは記載されている住民票を入手しましょう。

マイナンバーは手続きする時に楽なので持っていると便利ですよ。申請してから届くから約1ヵ月かかるので早めに準備して下さいね。

他の書類も紛失した場合は不動産屋などで再発行が可能ですが、

手元に届くまで時間がかかるので早めに準備しましょう!

 

記入する確定申告書は二つ!

確定申告書 入手先
1.確定申告書(A書式) 税務署で入手可能 (国税庁のHPからDLもできる)
2.住宅借入金等特別控除額の計算明細書

会社員であれば確定申告書(A書式)に記入します。(個人事業主などはB書式)

2つとも国税庁のHPからDLして自宅で記入できますよ。

書き方は国税庁のHPがわかりやすい!

確定申告書は記入する場所がたくさんあるので少しわかりずらいかもしれません。

書き方は国税庁のHPを見ながら書くのがわかりやすいです!

国税庁ホームページ

記入したら郵送でも可能ですが、税務署で確認してもらうこともできます。

記載不足や提出不足で期限に間に合わないと大変なので、事前に確認してもらうことをおすすめします。

※確定申告時期は混みあうので1月などに確認しておくとよいです

 

住宅ローン控除の確定申告 申請期間・申請先とは?

【確定申告の申請期間】

・2月中旬~3月中旬

ただし2020年はコロナウィルスの影響で期間延長されました。

ご自身で期間を確認して期限内に提出しましょう。

 

【確定申告の申請先】

・最寄りの「税務署」で手続き

予め場所を確認しておきましょう。

 

2年目以降は年末調整で住宅ローン控除が受けれます!

会社員の場合、自分で確定申告が必要なのは初年度のみ。

2年目以降は年末調整で住宅ローン控除が受けれます。その際会社に提出する書類が必要なので確認しておきましょう。

2年目以降に必要な書類は?

必要書類 入手先
1.住宅借入金等特別控除申告書 税務署から郵送で届く
2.住宅ローンの残高証明書 金融機関から郵送で届く

初年度に確定申告をすると、1は税務署から郵送で届きます。

その際、残りの年数分まとめて届きます!

毎年1枚ずつ使用するためなくさないようにしっかり保管しましょう!

 

初めての住宅ローン控除まとめ

確定申告は会社員の場合、ほとんどすることがないためわかりにくいことが多いです。

しかし、確定申告をすることによって何百万円の控除が受けれるので面倒ですがしっかりやりましょう!

必要書類さえ先に準備してしまえば楽なのでできれば年内に準備することをおすすめします!

 

マイホームの住宅ローンで後悔しないためにとる行動

住宅ローンのこと、なんとなくで考えてませんか?
数十年後のことをしっかり考慮して組んでますか?

お金のことは後悔してからでは遅いので、プロに相談することで不安を取り除けます。

実際に私もファイナンシャルプランナーに相談して将来のことも考慮して住宅ローンを組むことができました!

ちょこ
お金に対する不安が取り除けるって本当にストレスフリーです!

お金のことは漠然とした不安になりやすいので、ここで不安を取り除きましょう。

すでに住宅ローンを組んでるかたも見直しすることで不安が取り除けますよ。

住宅ローンを組む前にプロに相談!
  1. メリット①:お金の不安を取り除ける!
  2. メリット②:第三者の意見が聞ける!
  3. メリット③:無料で相談可能!

\簡単web申し込み/

今すぐFP無料相談の詳細をチェック!

スマホから1分で申し込み可能!

私の体験談も交えて【後悔しないためにとる行動】について詳しく書きました↓

こちらもCHECK

マイホームの住宅ローンで後悔しないためにとる行動は?
知らないと後悔する!?マイホームの住宅ローン申し込み前に知らないとヤバい事実を暴露!

続きを見る

無料で試せる家づくり成功の秘訣!

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

最初にすべき行動は次のうちどれだと思いますか?

  • 住宅展示場へ行く
  • ネットでハウスメーカーの口コミを見る
  • どんな家にするか、一人で考える 

実はどの行動もNGなんです!

いきなり住宅展示場に行くべきではない理由はこちら。

  • 1軒見て周るのに1時間以上かかる
  • 無知な状態で行くと営業トークに惑わされる
  • 豪華なオプションばかりで予算オーバーになりがち

なんとなく入ったハウスメーカーでも、営業は逃しません。

家族構成、いつ頃購入予定なのか、年収、、など毎回どのハウスメーカーに言っても聞かれますし、

アンケートも毎回書かないといけません。そして1時間以上話を聞くことに。

特に小さい子どもを連れてのハウスメーカー探しはかなり時間と労力を無駄にします…

最初にネットで口コミを見るのも避けた方がいいでしょう。

何も知識がないうちに悪い口コミを見てしまうと、それが正しいのか判断できなくなりますよね。

ネット上の口コミは正確ではないものも多いため、安易に信用するのもよくありません。

また、どんな家にするか考えるのはとても大切ですが一人で考えてはいけません!

マイホームは家族で住むもの。配偶者の意見を聞かず自分のイメージだけで考えてしまうと打ち合わせで意見が合わず喧嘩になることも…

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】がマイホーム成功のカギ

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」なんです。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

電話営業が嫌な方はその他の備考欄に「電話NG」と記載すればOK!

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

リンク先:タウンライフ公式サイト

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ!

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

-家×お金