家×知識

完成見学会でチェックすべき3つのポイント

2021年10月18日

完成見学会でチェックすべき3つのポイント

マイホームを考えた際、「気になるハウスメーカーは、実際にどんな家を建てるのか?」「他の人はどんな家を建てているのか?」これらを知るために、完成見学会に行くことがあるかもしれません。

完成見学会に参加するのは、これから家づくりを検討している人にとって、とても勉強になるでしょう。

しかし、何も考えずに行ってしまうと「すてきな家だったね~」だけで終わってしまいます。

そうならないためにも、完成見学会では何を見るべきか、あらかじめ把握しておくことが大切です。

そこで今回は、完成見学会でチェックすべき3つのポイントを紹介します。

家相や風水が気になる…

そんな方にもってこいな家相に特化した間取り作成プランがあります

ハウスメーカーは家相や風水を気にして間取りを作成してくれません。

家相に特化して間取り作成してくれるのはここだけ!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

完全無料で3分で申し込み!
✔オリジナルの間取り作成
✔効率よく情報収集

家相特化間取りプランはコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

完成見学会で何を見る?チェックすべき3つのポイント

完成見学会は、実際にお客さんが建てた家を内覧できます。

モデルハウスや住宅展示場だと、宣伝用としてつくられているので、仕様が全てハイグレードになっていたり、見えないところは簡素に仕上がっている場合があります。

簡単にいえば、そのハウスメーカーが建てた「リアルな家」とはいえません。

その点、完成見学会は、施主様に引き渡す前の「リアルな家」を見ることが可能。これから家を建てる人にとって、見逃せないチャンスです。

その機会を、今後の家づくりにいかせるよう、完成見学会では、以下3つのポイントをおさえましょう。

  • 標準仕様か確認
  • 耐熱性や音漏れ確認
  • 仕上げが丁寧か確認

それでは、詳しく説明します。

標準仕様か確認

完成見学会に行き、「こんな家に住みたい!」と思っても、それが全てオプションだった場合、見積もり段階から金額が跳ね上がり、予算オーバーになってしまうことがあります。

そうならなためには、キッチン、洗面台、お風呂などの設備が、どこまで標準仕様なのか確認しましょう。

ちなみに標準仕様とは、そのハウスメーカーが建てる家の基本として備わっていて、プラン内に金額が含まれていることを指します。

内覧した家が標準仕様であれば、同じような家にしたいと思ったとき、追加料金は発生しません。

しかし、オプション追加をし、設備のグレードアップをはかっている可能性も。それもあり、家がすてきに見えるケースがあります。

あらかじめ、どの設備が標準仕様で、どこをオプションにしているのか?これらを詳しく確認しましょう。

また、金額以外の面でも、施主の希望でキッチンや洗面台の高さを、変更している場合があります。

その点も合わせて、サイズなども標準仕様なのか、気になることは質問&確認しましょう。

耐熱性や音漏れ確認

完成見学会には、真夏の暑い日や、真冬の寒い時期に行くのが理想です。理由としては、1年でもっとも暑いときと、寒いときの家を体験できるから。

どんなにおしゃれで、理想通りの家が完成しても、実際に住み始めてみると「暑すぎる」「寒くて耐えられない…」なんてことがあったら、必ず後悔するでしょう。

ですから、完成見学会に行った際には、心地よく暮らせそうか?また、壁・床・屋根に断熱材をすきまなく詰め、保温性を高められているのか?などをチェックすることが重要。

さらに、どんな断熱材を使用していて、冷暖房の機能はどの程度のレベルなのかも、確認しておくと安心です。

また、音漏れがないかも確認しましょう。ご夫婦で見学会に参加するのであれば、それぞれ1階と2階に行き、床音が気にならないかどうか。

そして、吹き抜けがあるお家は、家全体に音漏れがしやすいので、どの程度音が響き渡るのかも、把握しておきましょう。

音に関していうと、屋内だけに注意を払ってしまいますが、近隣への音漏れがないか?反対に、外からの音はうるさくないか?音漏れ対策が家づくりの構造において、どのように対処してあるかも合わせて質問することをおすすめします。

仕上げが丁寧か確認

実際に家を建てることになった場合、建築中に不備がないかどうかを一つずつ確認するのは難しいでしょう。

そのため、完成見学会で仕上げが丁寧かを確認するのが大切です。

完成見学会の良いところは、室内での内装の仕上げ、外回りでもあまり目につかないところまでチェックできることです。

たとえば、内装であれば

  • クロスの仕上げが丁寧か
  • 階段回りや手すりに汚れや傷がないか
  • 扉の開閉に違和感がないか

外まわりであれば、

  • 屋根裏が汚れていないか
  • 外壁にストレスを感じるほどの傷や汚れがないか
  • 床下は丁寧に処理されているか

これらを可能な限りチェックしましょう。

クロスの仕上げなど目に見えやすいところは、丁寧に施されているのはもちろん、見えない部分までしっかり仕上げているかどうかが重要ポイント。

見えないところにも丁寧な作業がされていれば、ハウスメーカーの「家づくりへの姿勢」がわかります。

丁寧であれば、信頼がおけますし、至らない部分があれば、ハウスメーカーの検討候補から外すことも考えなくてはならないでしょう。

構造見学会がある場合は必ず行こう!

構造見学会とは、建築中の建物で、完成後に見ることはできない構造を見る見学会です。

家の構造は、完成してからでは見えないため、家を建てる工程でとても大切な部分。そして、会社にもよりますが、家の骨組みを作っていただける、大工さんへの質問が可能な場合も。

ちなみに、構造見学会で見るポイントは、

  • 大工さんの対応
  • 家の構造に関すること
  • 現場のきれいさ

おそらく、構造見学会では営業担当と大工さんがついてくれるでしょう。

大工さんに質問することで、会話からどんな人なのかを伺えます。大工さんの家づくりへのこだわりや、気遣いを知ることができれば安心度も高まるでしょう。

そのさいには、家の構造に関することを聞いてみましょう。

どんな基礎で家を建てられるのか?コンクリートはどれくらい厚さか?断熱材は何を使っているのか?など気になることは、どんどん質問することをおすすめします。

構造見学会から参加することで、ハウスメーカーへの信頼度をはかれます。ハウスメーカーが信頼のおけるのであれば、安心して家づくりを任せられるでしょう。

完成見学会でのマナーを知ろう!

先程も述べたように、完成見学会は実際にお客さんが建てた家を内覧します。モデルハウスや住宅展示場のような感覚で見学に行ってしまうと、迷惑をかけてしまうことに。

そのため、完成見学会に参加する際には、以下の一般的なマナーをおさえておきましょう。

  • 上履きと手袋を持参
  • 建物や家具に注意をはらう
  • 写真撮影は許可を得てからにする

上履きと手袋は、ハウスメーカー側で用意してくれているケースもありますが、念の為自分たちでも持参するのが安心です。

また、建物や家具に傷や汚れを付けないように細心の注意を払いましょう

とくに女性の場合、かばんやアクセサリーの金具でクロスや床を傷つけてしまうことがあります。

そして、住宅の写真撮影は必ず許可をもらってからにしましょう。

施主にとっては、写真を勝手に撮られるのは、気持ちの良いものではありません。何度もいうように、完成見学会の家は、個人の住まいであることを、忘れないようにしましょう。

今回挙げた以外にも、ハウスメーカー独自の見学会でのマナーがあります。気持ちよく見学会に参加するためにも、注意点を確認しておきましょう。

まとめ

完成見学会は、モデルハウスや住宅展示場とは違い、実際にお客さんが建てた家を内覧できます。

その機会を、家づくりにいかせるように、完成見学会では以下3つのポイントをおさえましょう。

  • 標準仕様か確認
  • 耐熱性や音漏れ確認
  • 仕上げが丁寧か確認

これらを知ることで、せっかくの完成見学会で「良い家だったな~」と感想だけで終わるのを回避できます。

また可能な限り、であれば構造見学会に行くのをおすすめします。構造部分が見られる機会は、なかなかないので、いろんなハウスメーカーの構造を見てみましょう。

最後に、見学会に参加する際には、トラブルがおこらないようにマナーやルールを守ることも大切です。

そのうえで、家づくりを成功させるための勉強として、完成見学会に参加しましょう。

家づくりについてこちらの記事も参考にしてみて下さいね。

>>注文住宅は何から決める?家づくりの手順を徹底解説!

>>住宅ローンはいくらまで借りれるのか?借りれる金額と返せる金額の違いとは

無料で試せる家づくり成功の秘訣!

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

最初にすべき行動は次のうちどれだと思いますか?

  • 住宅展示場へ行く
  • ネットでハウスメーカーの口コミを見る
  • どんな家にするか、一人で考える 

実はどの行動もNGなんです!

いきなり住宅展示場に行くべきではない理由はこちら。

  • 1軒見て周るのに1時間以上かかる
  • 無知な状態で行くと営業トークに惑わされる
  • 豪華なオプションばかりで予算オーバーになりがち

なんとなく入ったハウスメーカーでも、営業は逃しません。

家族構成、いつ頃購入予定なのか、年収、、など毎回どのハウスメーカーに言っても聞かれますし、

アンケートも毎回書かないといけません。そして1時間以上話を聞くことに。

特に小さい子どもを連れてのハウスメーカー探しはかなり時間と労力を無駄にします…

最初にネットで口コミを見るのも避けた方がいいでしょう。

何も知識がないうちに悪い口コミを見てしまうと、それが正しいのか判断できなくなりますよね。

ネット上の口コミは正確ではないものも多いため、安易に信用するのもよくありません。

また、どんな家にするか考えるのはとても大切ですが一人で考えてはいけません!

マイホームは家族で住むもの。配偶者の意見を聞かず自分のイメージだけで考えてしまうと打ち合わせで意見が合わず喧嘩になることも…

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】がマイホーム成功のカギ

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」なんです。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

電話営業が嫌な方はその他の備考欄に「電話NG」と記載すればOK!

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

リンク先:タウンライフ公式サイト

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ!

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

-家×知識