間取り

【吹き抜けのデメリット7選】後悔しないお家づくりのために

【吹き抜けのデメリット7選】後悔しないお家づくりのために

家づくりを始めるとき、憧れやこんなお家にしたい!という理想がありますよね。

ちょこ
憧れる方も多いのが【吹き抜け】!

おしゃれで開放感があってぜひ採用したい!!と思う方も多いはず。

しかし憧れだけで作ってしまうと後悔する原因にも…。

せっかくのマイホーム、後悔しない快適なお家づくりをするためにも吹き抜けのメリットデメリットを理解しましょう。

 

吹き抜けを作って後悔するデメリット【7選】

吹き抜けのデメリット

  • 光熱費が高くなる
  • 掃除・電球交換が大変
  • 音が2階に響く
  • 匂いも2階にあがっていく
  • 構造強化が必要
  • 2階のスペースが狭くなる
  • クロスが劣化しやすい

光熱費が高くなる

吹き抜けがある分、冷房暖房が効きにくくなってしまいます。

これは吹き抜けを作って後悔した方からよく聞くデメリットの1つ。

吹き抜けを作るなら【全館空調】もセットでつけないと夏暑く、冬寒い家になってしまいます。

 

家の断熱性もかなり重要ですね。

床暖房とセットにするのも有りかと思います。ただしこの場合も光熱費は高くなるでしょう。

家の性能も考慮した上で吹き抜けを作るか考えましょう。

 

我が家が全館空調をつけなかった理由はこちら↓

【桧家住宅】我が家はZ空調つけませんでした!
参考電気代がおトク?!桧家住宅のZ空調!我が家はつけませんでした!

続きを見る

 

掃除・電球交換が大変

吹き抜けの場合、掃除や電球交換の際とても大変です。

二階から窓などを掃除できる場合はよいですが、シーリングファンなどの掃除も難しくなってきます。

特に電球交換の際が足場を組まないといけない場合もあるためその分追加費用が発生することも。

建てたあとのメンテナンスも考慮しましょう。

 

音が2階に響く

吹き抜けをつけて後悔した人の多くが音が響くことをデメリットにあげています。

1階のテレビの音がに2階に響いたり、音問題は防ぎようがありません

逆に小さなお子さんが2階でお昼寝中泣き声にすぐ気づける、というメリットはありますね。

また、音が反響しやすくなるためテレビの音が聞こえずらい、などのデメリットも。

 

音が響いても家族にとって問題ないか家族でよく話し合いましょう。

 

匂いも2階にあがっていく

仕切りのない空間になるため、匂いも2階まで筒抜けです。

揚げ物や焼き肉の匂いなどもすべて充満してしまい、生活リズムが違う家族がいる場合はストレスになることも。

 

構造強化が必要

吹き抜けを作るとどうしても構造上弱くなってしまいます。

そのために耐力壁や柱などを追加しなくてはいけない場合も。

吹き抜けを作る理由は彩光のためなので大きめの窓を設置するかと思いますが、

窓はどうしても断熱性に欠けます。

いくら断熱性の良いサッシにしても断熱材が入っている壁には適いません。

吹き抜け構造に得意なハウスメーカーかどうかもしっかり調べる必要があります。

 

2階のスペースが狭くなる

吹き抜けを作る分、2階のスペースが狭くなります。

開放感を優先するか、スペースを優先するか。

開放感のある大きな吹き抜けを作ると6畳ほどのスペースがなくなり、1部屋分作れなくなります。

ちょこ
家族でどちらを優先するべきか話し合いましょう。

クロスが劣化しやすい

吹き抜けに設置した窓からダイレクトに直射日光を浴びることになるのでクロスの劣化が早いです。

吹き抜けなので劣化に気づくのも遅れることも…。

またクロスの張り替えも足場が必要になるため工事費用が高くつくかと思います。

 

吹き抜けのメリット・吹き抜けを採用すべき土地【3選】

吹き抜けのメリット

  • 開放感があっておしゃれ
  • 室内が明るくなる
  • 建物に囲まれている土地なら吹き抜けを

開放感があっておしゃれ

吹き抜け

吹き抜けを採用する方は開放感・おしゃれを求めてる方が大多数かと思います。

吹き抜けがあるだけで天井が高く、非日常空間のような開放感を味わえるかと。

私も吹き抜けがあると聞くとまず「おしゃれなお家」と想像してしまいます。

 

室内が明るくなる

吹き抜け

彩光のためにつける方も多いですね。

陽が入りやすくなるため吹き抜けがない家より室内がぐっと明るくなります。

 

建物に囲まれている土地なら吹き抜けを

東西に長い土地

特に東西に長い土地の場合、南側からの彩光が難しいため吹き抜けを採用することで明るいLDKを確保できます。

実際、私のお家も東西に長い土地のため南側からの彩光が少な目です。

が、吹き抜けは採用してません。

 

確かに若干暗いかな?と思う時もありますが積雪地方ということもあり、断熱性を優先しました。

 

吹き抜けのデメリットまとめ

吹き抜けⅮメリットまとめ

  • 光熱費が高くなる
  • 掃除・電球交換が大変
  • 音が2階に響く
  • 匂いも2階にあがっていく
  • 構造強化が必要
  • 2階のスペースが狭くなる
  • クロスが劣化しやすい

吹き抜けを採用したいと考える方は、デメリットメリットをしっかり考慮した上で優先すべきものは何か、考えましょう。

 

無料で試せる家づくり成功の秘訣!

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

最初にすべき行動は次のうちどれだと思いますか?

  • 住宅展示場へ行く
  • ネットでハウスメーカーの口コミを見る
  • どんな家にするか、一人で考える 

実はどの行動もNGなんです!

いきなり住宅展示場に行くべきではない理由はこちら。

  • 1軒見て周るのに1時間以上かかる
  • 無知な状態で行くと営業トークに惑わされる
  • 豪華なオプションばかりで予算オーバーになりがち

なんとなく入ったハウスメーカーでも、営業は逃しません。

家族構成、いつ頃購入予定なのか、年収、、など毎回どのハウスメーカーに言っても聞かれますし、

アンケートも毎回書かないといけません。そして1時間以上話を聞くことに。

特に小さい子どもを連れてのハウスメーカー探しはかなり時間と労力を無駄にします…

最初にネットで口コミを見るのも避けた方がいいでしょう。

何も知識がないうちに悪い口コミを見てしまうと、それが正しいのか判断できなくなりますよね。

ネット上の口コミは正確ではないものも多いため、安易に信用するのもよくありません。

また、どんな家にするか考えるのはとても大切ですが一人で考えてはいけません!

マイホームは家族で住むもの。配偶者の意見を聞かず自分のイメージだけで考えてしまうと打ち合わせで意見が合わず喧嘩になることも…

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】がマイホーム成功のカギ

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」なんです。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

電話営業が嫌な方はその他の備考欄に「電話NG」と記載すればOK!

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

リンク先:タウンライフ公式サイト

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ!

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

-間取り