家×知識

買わない方がいい4つの土地の特徴

買わない方がいい4つの土地の特徴

マイホームを建てる際、土地選びの失敗は絶対に避けなくてはなりません。それには、「買わない方がいい土地」を知っておくのがベター。

つい価格や立地、交通アクセスなどで、「良さそうな土地」に決めてしまいがちですが、家は一生に一度の買い物です。

「こんなところに住めない…」という土地でも、その環境でずっと暮らさないといけません。

また、条件の良くない土地を選んでしまうと、余計な出費を増やすことにも…。ですから、土地探しは慎重に注意深く検討する必要があります。

そこで今回は、「買わない方がいい土地4選と土地探しのコツ」について紹介します!

家づくりを失敗しないために一番重要なことは「知識を付けること」

カタログ請求することで「情報収集」を効率的に進められます。

しっかり比較検討したいけど時間がない…でも失敗したくない…

という方はまずはカタログ請求!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

✔完全無料で3分で申し込み!
✔オリジナルの間取り作成
✔効率よく情報収集

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

PR

買わない方がいい土地4選

買わない方がいい土地には、以下の4つが挙げられます。

  • 地図上ではわからない抜け道になっていて危険な道路
  • 土地に高低差がある
  • 前面道路の幅問題
  • 水道管引き込み済ではない

これらを知らずに、上辺だけのメリットをみて土地を購入してしまうと、後悔することに。そうならなためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

それでは、詳しく説明します。

地図上ではわからない抜け道になっていて危険な道路

地図上では閑静な住宅街と思いきや、実は敷地に面する道路が、抜け道になっている場合があります

家の前(前面道路)が抜け道だった場合、お子さんがいる家庭はとくに気をつけなければなりません。

抜け道は、大型ドライバーや、何らかの理由で急いでいる人が使うことが多い傾向にあります。

そのため、ものすごい勢いで走行していて、かなり危険な状況…。

そんな抜け道が、敷地に面していたら、安心してお子さんを外で遊ばせることは難しくなるでしょう。

抜け道の有無は、地図ではわからないケースがあるので、実際に気になっている土地まで足を運び、確認してみることが大切です!

土地に高低差がある

土地の大きさや立地、価格をみて理想の土地かと思いきや、土地に高低差があるなんてこと多々あります。

高低差があると何がダメなの?!というところですが…高低差があることで、その分、工事費用がかかります。

というのも、高低差のある土地は、安く売られていることが多々あり、魅力的にみえるでしょう。

しかし、高低差を平たんにする整地作業には、プラス数百万円のコストアップが考えられます。

また、家を建てる工事まえに整地作業から始めることにより、通常より工事期間が長くなるでしょう。

そのため、土地選びをする際は、実際に土地を見るのはもちろんですが、高低差があるのを知りながらも、価格に釣られて購入しないように注意しましょう。

前面道路の幅問題

前面道路とは、土地に面している道路のことをいいますが、前面道路の幅が狭い土地の購入は避けるのが無難です。

理由として、前面道路の幅が狭すぎることで、以下のデメリットが挙げられるからです。

  • 建築のさい、重機が入らず余計なお金がかかる
  • 積雪地方だと、除雪が入らない
  • 車の駐車が難しい

道路が狭くてトラックや重機が入れない場合、建設資材が手運びとなるため、建築費用のコストアップにつながります。

どの程度、費用が高くなるのかは状況によりますが、少なくとも「工事費用+数十万円」とみておく必要があるでしょう。

また、雪が積もる地域に限っていえることですが、道路が狭いことで除雪車がはいってくれないことも。

例として、札幌市の場合だと、道路幅がおおむね8m以上ないと除雪してくれないようです。家の前が、除雪してくれないとなると、自分たちで雪堆積場まで捨てにいくことになるでしょう。

そもそも、道路が狭いと駐車が困難なことも。車の運転に自信がある方であれば、問題ないかもしれませんが、車入れが苦手な方はとくに前面道路の幅はチェックすべきです!

水道管引き込み済か

水道管引き込み工事とは、道路の下などに配置された水道管から、敷地内まで配管する工事をいいます。

たとえ住宅用地だとしても、水道管引き込み工事済みとは限りません。

ご自身で土地を購入し家を建てる場合、その土地の付近まで、水道管が引かれていない可能性が十分にありえます。

この水道管引き込み工事済みか否かで、付帯工事費用が大幅に変わり、とくに引き込みが長いと、その分出費がかさむことに。

一般的に、水道を引込む費用だけど、約60万円ほど。

しかし、前面道路下に水道管がないと、引き込みが長くなるため、軽く100万円を超えるでしょう。

ちなみに、土地の条件を見ると、水道が敷地に有る無しの明記がされているので、購入する前に必ず詳細を確認することが重要です!

「土地は安く買えた!!でも、水道の引込みに予想外にお金が・・・。」これだと、本末転倒ですからね!

買わない方がいい土地を回避!土地探しのコツ

ここまでは「買わない方がいい土地」について紹介してきました。

それでは、どのように土地を探せば、買わない方がいい土地を選ぶことなく、良い土地に出会えるのか?併せて知っておきたいですよね。

ここからは、買わない方がいい土地を回避する、以下3つのコツを紹介します。

  • 土地の条件に優先順位をつける
  • 希望するエリア周辺を探索する
  • 雨の日の様子も確認する

土地の購入で失敗しないよう、それぞれについて理解を深めておきましょう!

土地の条件に優先順位をつける

土地探しをする際には、何を優先にするのかが最も重要です!

広さを重視するのか?利便性を重視するのか?探す前に、必ず家族で話し合いましょう。

優先順位をあらかじめ決めておくことで、自分で探す以外に、不動産会社などに依頼する際も、良い土地が見つかりやすくなります。

そして、優先するものを決めたうえで、追加費用が発生しない土地かどうか見極めることが大切です。

追加費用というのは、前述しました「買わない方がいい土地4選」で紹介したケースの場合、追加費用がかかると考えていいでしょう。

ですから、優先順位を決めずに、「安いから」「おしゃれな地域だから」など、安易な理由で土地を購入しないようにしましょうね!

希望するエリア周辺を探索する

土地探しをする際、希望する地域を歩いて探索するのは、とても大切なこと。

チラシなどの広告やインターネットの情報だけでは、わからないことがたくさんあるからです。

たとえば、立地は良いが少し歩くと治安の悪いエリアがあったり、交通量が激しく落ち着いて暮らせない土地など…さまざま。

また、不動産サイトやチラシには広告を出していない、良い土地に出会えることがあります。

希望するエリア周辺を歩いてみることは、地域環境を肌で感じたり、良い土地に出会いやすくなったりと、決して無駄にはならないでしょう。

雨の日の様子も確認する

土地を選ぶ際、水はけの良さをチェックすることも欠かせません。

方法としては、気になっている土地に「雨の日」に行き、土の様子を確認します。

雨が降るたびに、庭や敷地周りに大きな水たまりができ、しかも乾きづらいというのは、あまり良いものとはいえません。

その理由として、水はけの悪さは湿気によるカビや住宅の腐食など、建物本体にも悪い影響を与える可能性があるからです。

ですから、雨の日に訪れてみて、大きな水たまりができていないか?また、側溝やその付近での雨水の流れや、たまりやすい場所などもチェックしましょう。

まとめ

今回紹介した、「買わない方がいい土地」には、以下の4つが挙げられます。

  • 地図上ではわからない抜け道になっていて危険な道路
  • 土地に高低差がある
  • 前面道路の幅問題
  • 水道管引き込み済ではない

これらを知らずに、上辺だけのメリットをみて土地を購入してしまうと、後悔することに。

そうならなためにも、買わない方がいい土地を知っておくべきでしょう!

また、併せて土地探しのコツも知っておくことで、良い土地に出会いやすくなりますよ!ぜひ、参考にしてみてくださいね。

家づくりで失敗しないたった一つの方法

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

まず何からすべきなのかわからない…という方が大半。

家づくりは時間も労力もたくさん掛かります。

家づくりの成功のカギは「情報収集」に掛かっています。

知らないことが圧倒的に多い家づくりのことは後から知って後悔することが多すぎるんですっ

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

PR

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget! PR

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ! PR

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

 

 

 

\お知らせ/

新居に揃えたい北欧雑貨やインテリアグッズを取り揃えたオンラインショップオープンしました!

新築祝いなどにおすすめのギフトプレゼントもあります♡

 

こちらのバナーからショップ見れます↓

colief plus

  • この記事を書いた人

choco

2020年に新築マイホームへお引越し|2019年11月からスタートしたブログは130万PV達成|インスタ2.8万人フォロワー|interior雑貨オンラインショップを2022年3月にオープン|体験談をもとに後悔しない家づくり情報を発信中

-家×知識