マイホームのこと 外構・庭

新築住宅の外構でやってはいけない5選!後悔する人の共通点とは

新築住宅の外構でやってはいけない5選!後悔する人の共通点とは

外構は、建物や土地の次に高価な買い物です。

しかし、外構工事のプランを後回しに考えたり、外構業者に任せっぱなしにしたりすると、「こんなはずじゃなかった…」と後悔することがあります。

せっかく高額なお金を払うなら、満足のいく仕上がりにしたいですよね?

そこで今回は、新築住宅の外構でやってはいけない5選&後悔する人の共通点をご紹介します!

家の外観は外構で決まります。

家を建てた後に外構費用が足りない…

外構費用はピンキリなので比較検討が必須!

相見積もり取らないと何十万も損することに…!

後悔しない家づくりができてる人は相見積もりをしてます↓

完全無料で3分で申し込み!
✔オリジナルの見積もりプラン
✔効率よく情報収集

外構プランはコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

外構で後悔する人「3つ」の共通点

まずは、外構で後悔する人の共通点、以下3つをご紹介します。

  • 外構を後回しに考える
  • 外構についての情報不足
  • あまりイメージしないで工事を依頼

外構で後悔・失敗しないためには、自分自身がこれらに当てはまらないようにすることがポイントです。

順番に、改善策とともに詳しく説明します!

外構を後回しに考える

家づくりをするうえで、外構も含めて考えていない人は、後悔しやすい傾向にあります。

キッチンやリビングなど内装にはこだわるのに、外構は「とりあえず駐車場があればいい」「建物に余った予算を外構に充てればいい」など漠然と考えてしまいがちです。

しかし、外構も建物と同時にしっかり熟考しないと、外構に予算が充てられなくなったり、実際に暮らし始めてから「使い勝手の悪さ」に日々悩まされてしまいます。

外構は、簡単にリフォームできる場所ではありません。

家づくりで後悔しないように、外構を後回しにせず、予算を含めデザインや使いやすさについてもしっかり考えておきましょう!

外構についての情報不足

キッチンやお風呂などの設備や、内装の使い勝手の良さについては、情報収集をする人はたくさんいます。

しかし、早い段階から外構について考え、情報収集する人はあまりいません。

それにより、外構の情報を自分で得ることなく、外構業者に任せきり・言われるがままになり、「こんなはずじゃなかった…」と後悔することも。

外構も建物と同様に、⾃分で情報収集をしたり、インターネットでお近くのエクステリアができる会社を探してみましょう。

生活スタイルをイメージせずに外構依頼

「おしゃれっぽく見える門構えにしたい」とぼんやりしたイメージだけで工事を依頼すると、実際に暮らし始めてから「不便な部分に気づいた」ということが起こり得ます。

例えば、「駐車場と玄関が遠くて不便」「庭を広くしすぎて、庭の手入れが大変」などの失敗は、実際の生活をイメージしていなかったことで生じる後悔・失敗です。

また、外観ばかりを重視した場合も、同様の失敗が起こり得ます。

家づくりをするうえで、見た目や「こうしたい」という理想をイメージするのも大切ですが、生活とのバランスを意識して、外構を考えましょう

新築住宅で後悔しないために…外構でやってはいけない5選!

それでは、新築住宅で後悔しないように、外構でやってはいけない例、以下5つをご紹介します!

  • 駐車場から玄関が遠い
  • 北側玄関の洗い出し
  • 車重がかかるところに装飾デザイン
  • 管理ができないガーデニング
  • 1社しか見積もりをとらない

家づくりを始める前に、これらを意識して外構を依頼すれば、後悔や失敗が避けられるということです!

それぞれの項目について、詳しく説明します!

駐車場から玄関が遠い

毎日、車を使用しているかどうかにもよりますが、駐車場から玄関までの動線はとても重要です。

普段は意識していないような距離でも、駐車場から玄関が遠いと不便さを感じてしまいます。

例えば

  • 雨や雪の日は濡れてしまう
  • 荷物が多いと運ぶのが大変
  • 急いでいる時に時間がかかる

どれも小さなことかもしれませんが、毎日のこととなると大きなストレスに…。

実際には敷地の形や道路との位置関係などで、どうしても玄関と駐車場が離れてしまう事もあります。

しかし、玄関から駐車場までの距離は極力近い方が生活しやすいのは間違いありません。あらかじめ、外構業者にはその旨を伝えておくことが大切です!

北側玄関の洗い出し

北向きの玄関は、日当たりが悪く、湿気がたまりコケやカビが生えやすい場所

そのため北向き玄関の場合、以下の施工は避けるのがベター!

  • 洗い出し
  • 砂岩
  • 塗り壁

これらは、砂利による凸凹の表面が特徴。雨の日は滑りにくく、見た目が個性的でおしゃれといったメリットがあります。

しかし、この砂利などによる凸凹部分に水分や埃が残り、コケやカビを生えやすくしてしまうのです…。

コケは高圧洗浄機で落とせますが、かなりの手間と労力が定期的に必要になるでしょう。

これを回避するために、北側玄関には汚れにくい「タイルアプローチ」にするのがおすすめ

タイルアプローチであれば、コケやカビが生えにくく、なおかつ掃除がしやすい!コケやカビが生えてしまっても、手軽にお手入れできます!

車重がかかるところに装飾デザイン

車重さがかかるところに、装飾デザインを使ってしまうとカケや割れの原因になります。

駐車場にどうしてもデザインを入れたいときは、タイヤの切り出しと車重部分は避けることがポイントです。

とくにコンクリート素材は鋭角に弱いため、タイヤの切り出し部分には人工芝などを用いるとよいかもしれません!

管理ができないガーデニング

「夢のマイホーム=庭」をイメージする人も多いのではないでしょうか。

しかし、庭は意外と手がかかる場所で、お手入れを怠るとすぐに雑草まみれに…。

芝生のお手入れは基本的に月2~3回の刈り込みが必要です。一度、芝を敷いてしまったらその範囲をずっとメンテナンスを続けなくてはなりません。

「頻繁に草刈りをするのは難しい」という場合は、人工芝や草刈の頻度が少なくて済む品種をチョイス。

また、植木を植える場合も、「手入れがらく」「あまり大きくならない品種」を選ぶと良いでしょう。

植木が大きくなりすぎると、木の枝が隣の家にはみ出して「ご近所トラブル」に発展するケースも。さらに、落ち葉などで周りの住宅や道路に迷惑をかける可能性もあります。

庭を考える際は、先々のこともよく考慮してから取り入れるようにしましょう!

1社しか見積もりをとらない

外構工事を依頼する際は、数社の業者を比較することは必須です。

数社比較見積もりをとってみてわかったのは、業者によって値段やデザイン、対応の良し悪しがさまざまということ。

一生のうちに、外構を依頼することは多くないでしょう。だからこそ、後悔しないように価格を安くするだけではなく、業者選びは慎重になるべきです。

それには、1社だけをみて決めてしまうのではなく、複数の業者に見積もり依頼することをおすすめします。

担当者との相性や信頼できるかどうかを見極めるためにも、複数業者から見積もりをとってしっかり比較検討!これが、外構で後悔しない最善の方法かもしれません!

外構業者の相見積もりはここから申し込めます。

ネットで無料申し込み!

外構見積もりはここ

※外構で後悔しないために必須!

実際に外構業者比較した記事はこちら↓

>>実際に100万円で見積もりお願いしてみた結果

外構やってはいけない5選まとめ

新築住宅において外構は、景観を良くするだけでなく、玄関へとつながる重要な動線でもあります。

「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないように、以下の点に注意しましょう!

  • 駐車場から玄関が遠い
  • 北側玄関の洗い出し
  • 車重がかかるところに装飾デザイン
  • 管理ができないガーデニング
  • 1社しか見積もりをとらない

どれも見落としがちなことですが、これらを意識して外構を依頼すれば、後悔や失敗は避けられるかもしれません!

せっかく高額なお金を払うなら、外構も含めて満足のいくマイホームを完成させましょう♪

家づくりで後悔する人の特徴3選!

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

最初にすべき行動は次のうちどれだと思いますか?

  • 住宅展示場へ行く
  • ネットでハウスメーカーの口コミを見る
  • どんな家にするか、一人で考える 

実はどの行動もNGなんです!

いきなり住宅展示場に行くべきではない理由はこちら。

  • 1軒見て周るのに1時間以上かかる
  • 無知な状態で行くと営業トークに惑わされる
  • 豪華なオプションばかりで予算オーバーになりがち

なんとなく入ったハウスメーカーでも、営業は逃しません。

家族構成、いつ頃購入予定なのか、年収、、など毎回どのハウスメーカーに言っても聞かれますし、

アンケートも毎回書かないといけません。そして1時間以上話を聞くことに。

特に小さい子どもを連れてのハウスメーカー探しはかなり時間と労力を無駄にします…

最初にネットで口コミを見るのも避けた方がいいでしょう。

何も知識がないうちに悪い口コミを見てしまうと、それが正しいのか判断できなくなりますよね。

ネット上の口コミは正確ではないものも多いため、安易に信用するのもよくありません。

また、どんな家にするか考えるのはとても大切ですが一人で考えてはいけません!

マイホームは家族で住むもの。配偶者の意見を聞かず自分のイメージだけで考えてしまうと打ち合わせで意見が合わず喧嘩になることも…

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】がマイホーム成功のカギ

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」なんです。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

電話営業が嫌な方はその他の備考欄に「電話NG」と記載すればOK!

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

リンク先:タウンライフ公式サイト

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ!

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

 

\お知らせ/

新居に揃えたい北欧雑貨やインテリアグッズを取り揃えたオンラインショップオープンしました!

新築祝いなどにおすすめのギフトプレゼントもあります♡

 

こちらのバナーからショップ見れます↓

colief plus

  • この記事を書いた人

choco

2020年に新築マイホームへお引越し|2019年11月からスタートしたブログは130万PV達成|インスタ2.8万人フォロワー|interior雑貨オンラインショップを2022年3月にオープン|体験談をもとに後悔しない家づくり情報を発信中

-マイホームのこと, 外構・庭