家×お金

注文住宅の建築費をコストダウンする4つのコツ

注文住宅の建築費をコストダウンする4つのコツ

夢のマイホームを購入するとなれば、理想通りのお家にしたい!と誰もが思うでしょう。

しかし、あれこれ好きなものを選んでいたら、あっという間に予算オーバー…。なんてことありますよね。

予算に余裕があれば、そのまま続行でもいいかもしれません。しかしほとんどの人は、限られた予算内でお家づくりをするでしょう。

そこで考えるのが「建築費を抑えるには、どうしたらいいのか?」ということ。

ほとんどの人にとって、お家づくりは初めての経験。何をどうすれば、コストダウンできるのかわからないでしょう。

そこで今回は、注文住宅の建築費をコストダウンする4つのコツを解説します!これからお家づくりをする方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

住宅ローンを借りれる額で借りてしまうと

後々返せなくなり後悔することも…

借りれる額=返せる額 ではありません。

まずはローン適正額を知るために

✔完全無料で相談!
✔中立の立場でアドバイス

無料FP相談はこちら

リンク先:住もうよマイホーム公式ページ

建築費をコストダウンする4つのコツ

憧れのマイホームを手に入ると決まっても次々と問題が出てくるでしょう。とくに避けて通れないのが「予算内で満足いく家を建てること」

ほとんどの人が、予算内で家を建てるために、何を削ればいいのか頭を悩ませます。

ここでは、建築費をコストダウンする以下4つのコツを紹介します。

  • 総2階建てにする
  • オープンな間取りにする
  • 曲線を入れない
  • 水回りをまとめる

このなかには、ハウスメーカーによっては標準仕様に含まれているものもあります!コストダウンの対象を決める前に、一度ご自身でよく調べてみてくださいね♪

それでは、詳しく説明します!

総2階建てにする

「総2階建て」とは、1階と2階の面積がほぼ同じ建物のことをいいます。基礎や柱などの構造部材と屋根材が最小限にすむため、建築費の大幅なコストダウンが実現。

総2階建ての外観は凸凹がない、とてもシンプルな外観が魅力。

しかし、そのシンプルさが「面白みがない家」「安っぽい」と感じる人も、なかにはいるかもしれません。

しかし、複雑な作りでない総2階建ては、壁材や建材が少ない&作業工程が少ないので何かと費用が抑えられるのは事実。

そのため、内装はおしゃれにしたいけど、外観はシンプルでもOK!という人には、もってこいのコストカット法といえます。

総2階建ての凹凸のないシンプルな外観でも、資材や外壁をツートーンカラーにしたり、窓の形状に工夫をすれば、シンプルながらにおしゃれな雰囲気なお家が完成するでしょう。

オープンな間取りにする

建築コストは、扉や壁が多いとそのぶん、高くなる傾向に。そこで、廊下を無くし部屋数を減らしたオープンな間取りにすることで、建築費のコストダウンが叶います!

そもそも、建築費をできるだけ抑えたいと考えている場合は、家を建てる際、必要以上の部屋数を設けるのはおすすめしません。

部屋数が多ければそのぶん、壁材やクロス、扉などの建材や設備費用がかさむからです。

しかし、将来のことを考えて今のうちに部屋を確保しておきたいと考える方もいるでしょう。

その場合、ひとつの部屋を分けることができる、パーテーションの設置をしておくのがおすすめ。さらに、部屋の出入り口となる場所に、照明を作っておくと安心かもしれませんね。

オープンな間取りは建築費の削減以外にも、LDKを開放的にするメリットもあります。

あらかじめ部屋を確保しておく家づくりではなく、ライフスタイルの変化に応じられるような家づくりを目指しましょう!

曲線を入れない

曲線のあるお家に、憧れを抱く人も多いでしょう。

とくにR壁は、おしゃれな雰囲気になるのはもちろんのこと、直角よりも生活動線を広く取れます。また、お子さんがいるご家庭だと、コーナーが曲線になっているため、ぶつかっても大怪我を避けることができるでしょう。

ですがR壁は、平面の壁に比べると、建材コストが3倍にもなるといわれています。これはR壁に限らず、屋根や天井などの造作に曲線をつくる際にも、同じくコストが3倍に

「おしゃれにしたいから」という理由だけで決めるのではなく、コストを天秤にかけ本当に必要な部分なのか否かを検討しましょう!

水回りをまとめる

キッチン・洗面所・洗濯場・お風呂・トイレなどの水回りは、なるべくまとめることでコストダウンに繋がります

最近よくみるのは、1階にお風呂、キッチンは2階に配置するといった、水回りを分散させている家。分散することで「家事動線が良くなる」といったメリットがあるかもしれません。

しかし、水回りがバラバラに配置されていると、そのぶん配管の距離が長くなり、工事費が高くなります。

また、水回りはまとめておくことで、蛇口やシャワーからお湯が早く出せるというメリットも。

どうしても階数を分けて水回りを配置する場合は、なるべく上下の位置が重なるようにすることで、排水管の複雑さが軽減される場合もあるようです。

建築費のコストダウンしないほうがいいのは?

家づくりをする際、削れそうなものをとにかく削ればいいというわけでもありません。

後先のことを考えずに、至るところをカットしてしまうと、住宅の性能が悪くなり快適に暮らせなくなるかもしれません。

ここではコストダウンしないほうがいい建築費を3つ紹介します。

  • 耐震対策の工事
  • 断熱材
  • 外壁

それでは、詳しく説明します。

耐震対策の工事

いつ起こるかわからない大地震に備えておくためにも、耐震対策に関するコストダウンはおすすめしません

日本の家は、耐震性に優れているといわれていますが、それにプラスして制振装置などの地震対策をすることで、大きな地震にも耐えうる強い家になるでしょう。

安心して暮らしていくためにも、地震対策の工事はしっかりと行い、若干の「コストアップ」に目を瞑るくらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。

断熱材

とくに冬の寒さが厳しい地域では、断熱材のコストダウンはやめましょう。

断熱材を減らしたり、品質の悪いものにした家は、冬の寒さが厳しく暖房代がかさみ、結果毎月の光熱費が高くつくことになるかもしれません。

また、家を建てた後に「寒いから、断熱材を足したい」となっても、あとから断熱材を入れ替えたり足したりすると、工事が複雑になり当初の費用よりも高くつくことも。

そのため、最初からその家に必要な分だけの、断熱材を使うようにしましょう。

外壁

家の見た目を左右する外壁は、年中雨や風にさらされているため劣化が早く、定期的にメンテナンスが必要になります。

一般的には、10年に1度は外壁の塗り替えが必要と言われていますが、耐久性の低い外壁にしてしまうと、10年を待たずに塗り替えが必要になるケースも

また、住んで間もないうちに、雨漏りなどの外壁に関わるトラブルが生じるかもしれません。そうならないためにも、丈夫で劣化しにくい外壁を選びましょう。

当然、良い外壁は費用がたかくつきますが、暮らしやすさや定期的にかかるメンテナンス費用のことを考慮すると、結果的に大差はないかもしれません。

建築費をコストダウンする4つのコツまとめ

憧れのマイホームあれこれ好きなものを選んでいたら、あっという間に予算オーバー…。

そこで今回は、建築費をコストダウンする以下4つのコツを紹介しました。

  • 総2階建てにする
  • オープンな間取りにする
  • 曲線を入れない
  • 水回りをまとめる

これらは、ハウスメーカーによって、標準仕様に含まれている場合があります。コストダウンの対象に決める前に、一度ご自身でよく調べてみてくださいね。

また、最終的に何を取り入れて、どこを削るかはご家庭によってさまざま。大切なのは、家族でよく話し合って決めることです!

こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

>>知らないと後悔する!?マイホームの住宅ローン申し込み前に知らないとヤバい事実を暴露!

>>新築住宅の諸費用はいくら?マイホーム購入にかかるお金

無料で試せる家づくり成功の秘訣!

そろそろマイホームが欲しい!

と思ったあなた。

最初にすべき行動は次のうちどれだと思いますか?

  • 住宅展示場へ行く
  • ネットでハウスメーカーの口コミを見る
  • どんな家にするか、一人で考える 

実はどの行動もNGなんです!

いきなり住宅展示場に行くべきではない理由はこちら。

  • 1軒見て周るのに1時間以上かかる
  • 無知な状態で行くと営業トークに惑わされる
  • 豪華なオプションばかりで予算オーバーになりがち

なんとなく入ったハウスメーカーでも、営業は逃しません。

家族構成、いつ頃購入予定なのか、年収、、など毎回どのハウスメーカーに言っても聞かれますし、

アンケートも毎回書かないといけません。そして1時間以上話を聞くことに。

特に小さい子どもを連れてのハウスメーカー探しはかなり時間と労力を無駄にします…

最初にネットで口コミを見るのも避けた方がいいでしょう。

何も知識がないうちに悪い口コミを見てしまうと、それが正しいのか判断できなくなりますよね。

ネット上の口コミは正確ではないものも多いため、安易に信用するのもよくありません。

また、どんな家にするか考えるのはとても大切ですが一人で考えてはいけません!

マイホームは家族で住むもの。配偶者の意見を聞かず自分のイメージだけで考えてしまうと打ち合わせで意見が合わず喧嘩になることも…

では最初にすべき行動とは?

まずは【正しい情報収集すること】がマイホーム成功のカギ

正しい情報を得るためにとっておきの情報収集サイトが「タウンライフ家づくり」なんです。

実はこのタウンライフ家づくり、

自宅にいながら間取り作成もお願いできちゃいます!

タウンライフ家づくりとは?

タウンライフ家づくり

✔一社ずつアンケートを書く手間もないし、自宅でじっくり比較検討ができる!

✔全国600社以上が提携登録していて利用満足度が高い!

✔住宅カタログを無料一括請求できる上に、間取り作成までしてくれる嬉しいサービス!

後悔しない家づくりができてる人はコレを知ってます↓

カタログ無料請求はコチラ

リンク先:タウンライフ公式サイト

後悔しない家づくりができてる人は資料請求から始めています!

利用方法はとっても簡単!

タウンライフ家づくり申し込み方法

まずはお住まいの地域を入力して「無料依頼スタート」をクリック

タウンライフ家づくり申し込み

あとは入力画面に従って入力していくだけ!約3分で申し込みできちゃうので時間も労力もかかりません。

電話営業が嫌な方はその他の備考欄に「電話NG」と記載すればOK!

たったこれだけで自宅にいながらカタログを取り寄せ、間取り案も比較できちゃいます!

これから何千万という大金を支払う会社選びをするのでカタログ請求は必須!

\知らない人は損している!/

無料資料請求を詳しくみる

※こだわりの間取りプランを無料でget!

リンク先:タウンライフ公式サイト

また、家づくりで家相や風水が気になる…という方向けに家相に特化した間取りプランもあるんです!

ハウスメーカーでは間取りや風水を気にして間取り作成はしてくれません泣

先に家相に特化した間取りプランを知っておくことで打ち合わせもスムーズに進みますよ。

家相や風水に特化した間取りプランが欲しい方はこちらから!

カタログ請求は家づくりのスタート!

家相間取りプランを申し込む

※家相や風水に特化した間取りプランはここだけ!

無料で資料請求でき、住宅に関する知識も増え、間取り案も貰うことができる。

タウンライフ家づくりを知らなければ後悔に繋がるマイホーム作りになるところだったかも…!

たまたまこのページに辿り着いた方はラッキーです!

タウンライフ家づくりを利用して素敵なマイホーム生活を手に入れましょう。

-家×お金